上機嫌でいこうw

松かさの生活と意見ほか

読書

Kindle Unlimited 、利用は先送りします(8月3日)

こんばんは。 発表されてから、今か今かと待っていた「Kindle Unlimited」が今日の朝4時からスタートしました。 Amazon.co.jp: Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。 特に、講談社や小学館が参入するとあって、コミックや新書などが読み放題(…

7月の読書メーターから(8月1日)

こんにちは。 7月に読了した分を読書メーターさんにまとめてもらいましたので、Upしておきます。 2016年7月の読書メーター読んだ本の数:22冊読んだページ数:4736ページナイス数:1122ナイス世界でいちばん貧しい大統領のスピーチの感想質素な生活を貫き、…

国家を考えてみよう(橋本治、ちくまプリマー新書)

こんにちは。 今日からセミが鳴いています。昨日は鳴いていなかったと思います。さて、今回もさる読書サイトに投稿したものを転載します。 国家を考えてみよう (ちくまプリマー新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/06/07 メディア: …

Kindleと読書メモの関係について考えてみる

こんにちは。 今朝方『幸せになる勇気』について、感想めいた文を投稿しました。今回は、改めて「読む」「書く」について考えてみたいと思います。 私はどうやら「読書論」というものが好きなようで、何冊かその類の本を読んできています。たいていの本には …

幸せになる勇気(岸見一郎・古賀史健)

おはようございます。 昨日、『幸せになる勇気』(岸見一郎・古賀史健)を一気に読了しました。以下は、管理サイトに投稿したものです。 幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発…

東浩紀『弱いつながり』

おはようございます。 1冊読み終わって管理サイトに登録したので、それに手を加えてUpしたいと思います。 弱いつながり 検索ワードを探す旅 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/07/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (41件) を見る …

Kindle4連発

おはようございます(かな?) 一週間ほど、調子を落としていました。+金欠のストレスでやられていました。しかしながら、ようやく復調できるようです。昨日、図書館に行くので一時間ほども歩いたのがよかったのだと思います。2016年の後半もよろしくお願い…

横山秀夫『64』上下+NHKドラマ版

昨日まで、『64』の文庫上下巻と、YouTubeにUpされていたNHKのドラマ版全5話を堪能していました。以下は、書評サイトに投稿した文を転載したものです。 64(ロクヨン) 上 (文春文庫) 作者: 横山秀夫 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/02/06 メディア: …

100分de名著『エミール』テキスト(西研著)

Eテレでオンエアしている「100分de名著」を時々見ている。 ナビゲーターの一人である、伊集院光さんの頭の回転の早さに いつも舌をまいている。 6月度のテキストは、ルソーの『エミール』。古今東西の古典・ 名著を取り上げ、25分×4回で解説が加えられる。 …

末次由紀『ちはやふる』26-28巻

さて、今回は26-28巻あたりのあらすじをまとめてUpする。 ちはやふる(28) (BE・LOVEコミックス) 作者: 末次由紀 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/08/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 周防名人と原田先生の名人戦での激闘は、周…

師弟の織りなす、奇跡の物語、『ピアノの森』

『ピアノの森』全26巻が完結した。思えば、『のだめカンタービレ』や 『神童』など、ピアニストを描いたマンガがいくつか世に出たタイミングで 本作も登場したのだが、この『ピアノの森』が最も感動的なものとなったと 言っていいだろう。 いわば、「掃き溜…

好企画! 『「罪と罰」を読まない』w

今回読んだのが、文藝春秋の『「罪と罰」を読まない』。 図書館で予約して、しばらく待たされた上で、ようやく順番が 回ってきたので手にすることができた。 『罪と罰』を読まない 作者: 岸本佐知子,三浦しをん,吉田篤弘,吉田浩美 出版社/メーカー: 文藝春秋…

気がはやっている

昨日はちょっと軽躁入っていたかもしれない。 Kindleで洋書を2冊手に入れて、それを全文暗記するんだ! などとほざいていたw 最初に買ったのが、『星の王子さま』英語版。 The Little Prince (English Edition) 作者: Antoine de Saint-Exupéry 出版社/メー…

『日の名残り』、読んでから観た

カズオ・イシグロの『日の名残り』をKindleで読んでから、 YouTubeでレンタルして鑑賞した。どちらも静かな感動をもって 終えることができた。 日の名残り ハヤカワepi文庫 作者: カズオ・イシグロ,土屋政雄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 …

プチ革命 言葉の森を育てよう(ドリアン助川、岩波ジュニア新書)

とてもよい本だった。以下、他のサイトに書いたものを転載。 * * * 自分の「生」の根拠として、自分の内に「言葉の森」を育てよう、 名詞の木を植えていこうという提言です。 事象の差異を認知できるということは、それに対応する言葉を内側に 持っている…