上機嫌でいこうw

松かさの生活と意見ほか

さらばiTunes、こんにちはMedia Go

最近、パソコンのHDDに音楽を取り込んで聴くことが

楽しくて仕方がない。今までは取り込みソフトにiTunes

使っていたが、弟からDynaBookを譲ってもらってからは

専らSONYMedia Goを使うようになった。

 

ダウンロード - Media Go - Sony Network Entertainment

 

iTunesに別れを告げた理由は3つ。

・プレイリストが壊れやすい。

・ジャケット写真を取得してくれない。

FLAC形式に対応していない。

iTunesでインポートする際には、iPhoneiPodに転送

することを前提に、プレイリストを作成していた。

このプレイリストが壊れやすく、私はその都度、転送先

フォルダを新設していたのである。つまり、HDD内には

転送先のフォルダがいくつもあるのだ。

しかも、かつての転送先のフォルダを取り込み、プレイリストを

新しく構築しようと思ったら、とんでもない労力が必要と

される。

なので、これから取り込むにあたっては、プレイリストを作らない

ことを決めた。

新しく取り込むにあたって変わった条件は、

・HDDが2TBと大容量になった。

iPhoneに転送することをやめた。

の2つ。HDDを大容量にしたことで、今まで取り込んだことのなかった

死蔵しているCD郡を取り込むことを決めた。そして、それはiPhoneには

取り込まないことを決めた。なぜかというと、iPhoneで取り込んでも、

外出先で音楽を聴くことがほとんどないことがわかったから。

それはどうしてかというと、

・屋外では騒音が大きくて、再生しても音楽が聴こえない。

・イヤホンを忘れてしまうことがある(笑)。

・イヤホンの音が貧弱。

であることの3点が理由である。

そういったことがあって、iTunesに固執する必要はなくなったのである。

そこで検討することになったのが、SONYウォークマンXperiaに転送

する際に使われる「Media Go」だった。

それは、イヤホンではなく、PCのスピーカーで音楽を聴く機会が増えた

からである。室内でiPhoneをイヤホンで聴かなければならない理由は

何もない。

それから、これが最も大きな理由なのだが、将来的にハイレゾ対応の

システムを構築したいということがある。

言うまでもなく、iTunesiPhone組はハイレゾ音源には未対応。

これもiTunesに見切りをつけた理由の最大のものである。

代替案としては、iTunesに取り込む際にアップル・ロスレス形式で

取り込むことが考えられるのだが、これもPCでハイレゾ音源を聴きたい

のであれば、あまり現実的な選択肢とはいえない。

あともう一つ。Media Goではかなりの精度でジャケット写真が取り込まれる

ことを挙げておこう。

以上述べた理由で、私は取り込み・再生ソフトとしてMedia Goを採用した。

何かの参考になるようなら幸いである。