上機嫌でいこうw

松かさの生活と意見ほか

最近の見聞録から(7月19日)

こんばんは。

暑い日が続きますね。今日はディスクユニオンにCDを売却してきました。希望額には、やはり届かないものですw

さて、今回取り上げようと思っているのは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番。「皇帝」の愛称で親しまれている作品です。 

皇帝&戴冠式

皇帝&戴冠式

 

 

このCDは、辻井伸行さんとオルフェウス室内管弦楽団の演奏でして、指揮者はいません。オルフェウスは指揮者をおかない室内管弦楽団で、演奏は楽団員の自発的な音楽性にまかされているんです。モーツァルトの時代くらいまでの作品には定評があります。

辻井さんのコンチェルトは、今までにラフマニノフの第2番やチャイコフスキーの第1番を聴いていますので、今回いよいよベートーヴェンを弾くとあって、期待をもって再生させました。

今、繰り返しの2回めを聴いています。まず、オケの伴奏から。ウィーン・フィルなどの大オーケストラで聴くことに慣れてしまっていると、いかにもこじんまりとした演奏なのですが、その分各パートが浮き彫りにされ、まるで顔が見えるかのような印象を受けました。

肝心の辻井さんの演奏です。この豪華絢爛な曲は、ともすると「力で押す」タイプの演奏が現れそうなものなのですが(幸い、そういうのを聴いたことがありませんw)、この演奏はあくまでも素直に、まっすぐにベートーヴェンに取り組んでいると思います。第一に推せるディスクではないにしても、好感が持てる演奏です。なお、この曲は終演後の拍手はないものの、ライブ収録されています。

もう1曲は、「戴冠式」の名で親しまれているモーツァルトのピアノ協奏曲第26番です。モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも、華やかなものとされるこの曲でも、基本的な印象は「皇帝」と同じです。カデンツァと呼ばれる、第1楽章で披露されるピアノ独奏部は、辻井さんご自身によるもの。2楽章の静謐さ、3楽章の音の粒立ちなど、聴きどころは多いです。これも好演です。